柘製作所謹製「蒔絵四季花木紋様組」 TSUGE URUSHI BOTANICAL FOUR SEASONS

蒔絵・花菖蒲(はなしょうぶ)

TSUGE IRIS

19世紀、松平定朝が品種改良し生まれた傑作「霓裳羽衣(ゲイショウウイ)」を金蒔絵で表現。菖蒲には「勝負に勝」の意もあり、江戸時代には着物の紋から小物にまで広く使われた文様であった。
“Geisho-Ui,”a masterpiece of iris bred by Sadatomo Matsudaira In the 19th century is described on the pipe. Iris was a widely used design for various items including kimono and small goods in the Edo era as it means“winning.”
#40851
(約):全長155mm×高さ46mm
柘製作所謹製「蒔絵四季花木紋様組」

注:ラッカー仕上げ

蒔絵・花菖蒲(はなしょうぶ)

TSUGE IRIS

メーカー小売希望価格
¥28,000+税
製品について問い合わせる
ご購入、在庫のご確認、また修理ご依頼等につきましては、「全国主要小売店」をご参照いただき、小売店様にてお願いいたします。