ドリュー・エステイト

ドリュー・エステイトは、終わりなき旅を続けてきました。常に「リバース」(再誕)を胸に誰も思いつかない革新と創造性が我々のエネルギーとなっています。1936年、柘恭一郎は柘製作所を設立し、彼らの豊かな歴史と、刀匠の魂を持った職方精神を確立しました。デンマークやイタリアのパイプ作家達の伝統を学んだ上で独自の芸術性と技術を高めてきました。幾度とない日本への訪問で、我々と柘製作所はポリシーと企業哲学にお互いの敬意を確信しました。ここに、「ブライヤー・ブリッジ」は、ロゴ以上の意味を見いだしたのです。そして、世界に向けたヴィジョンと芸術性の準備が整ったのです。柘製作所で誕生するパイプは柘ファミリーの無限の情熱、類を見ない美しさ、そして技術に裏付けられた機能が備わっています。ぜひ、皆様にもこのパイプと共に「ブライヤー・ブリッジ」を一緒に渡っていただきたいと思います。
マイケル・セルーチ
ジョナサン・ドリュー

Column

About IKEBANA