ツゲ・トウキョウ・アーミー

2003年、柘製作所の海外輸出用として「和風テイスト」をコンセプトに開発されたシリーズ 。軽量化のために極限まで絞り込み、シャンクには根竹を使用。全てのシェイプはセッター仕様にするため厳密な重量計算をしている。ブライヤーや根竹は経年変化していくが、特に根竹は煙や手脂により味わい深い琥珀色に変わる。また根竹の強度を高めるために、シャンクエンドフェイスにはブラックアクリルの補強リングが埋め込まれている。
TSUGE TOKYO ARMY was developed for the purpose of overseas export under the concept of“Japanese taste”.The weight is trimmed to the limit with bamboo stem used for the shank. In order to make all shapes the setter style, the weight is rigorously calculated. Briar and bamboo stem vary across the ages, but especially the bamboo stem exhibits tasteful deep amber glow created by smoke.To strengthen the bamboo stem, a black acrylic reinforced ring is mounted at the shank end face.

Column

About IKEBANA