Search 製品検索
煙管たばこ

煙管用道具類

煙管やたばこを持ち運ぶ小道具は、大きく分けて「提げもの」と「腰差し」2種類ある。「提げもの」は必ず根付があり、帯の下に煙管入れや叺(かます)がくる。根付と緒〆(おじめ)で帯を固定する。緒〆はきちっと帯の真下にくるようにすると様子がいい。「腰差し」は煙管入れを帯に挟み込んで使う。
この際扇子などは刀の大小を差す時と同じで、同一の場所に差し込まないこと。互いに傷つけないために必ず帯と帯の間にする。後ろに付ける場合は、江戸風と上方風の帯の結び方によって違ってくる。帯の手先方向にすること。脇に付ける場合は、座った時、背もたれに道具があたらないようにする。

Column