MYO

欧米を中心に急速に広まりつつあるチュービング。もともとはテイスティング用として、たばこメーカーが使っていたもの。チューブマシーンにたばこを詰め、チューブの中に簡単に詰め込むことができる。オリジナルブレンドを作ることも可能。このチュービング・スタイルをメイク・ユア・オウン " MYO" という。レギュラー、ミニ、スリムの3種類がある。
チュービングに最適なたばこは、刻み幅が0.6〜0.8ミリで通常のシャグよりも幅が若干広い。たばこを乾燥させてからさや紙に挿入すると簡単、綺麗に入る。たばこをさや紙に挿入後、加湿をするのがベスト。

Column