まるで美術館!? 高級専門店「ハイジニアス」

notw_img_main_131113_01
ヨーロッパには多くのたばこ専門店があるが、なかでも1826年創業の老舗「ハイジニアス」(P.G.C.HAJENIUS)は一番の高級店といえるのではないだろうか。

 

場所はアムステルダム駅から徒歩で約5分、重厚な石造りのエントランスを入ると、まず目に飛び込んでくるのが膨大な種類の葉巻だ。その奥にはパイプのコーナーがあり、まるで美術館のように美しくディスプレイされている。購入した葉巻をテイスティングできるスモーキングルームにはエスプレッソマシンが置いてあり、ラグジュアリーな空間で至福の一服を味わうことができる。

 

温度や湿度の管理も完璧で、店員の知識も豊富。抽象的なリクエストにも的確に応えてくれる。シガーカッターやヒュミドールなどのアクセサリー類も、それだけでワンフロアが埋まるほどの充実ぶりだ。ただしたばこは葉巻とパイプが中心で、シガレットは置いていない。

 

オランダを訪れたスモーカーが必ずといっていいほど足を運ぶ、憧れの専門店「ハイジニアス」。世界中の逸品を集めた店内で、自分だけの1本を見つけてみたい。

 

「ハイジニアス」の公式ホームページ
http://www.hajenius.com/

 

notw_img_main_131113_02