パイプたばこ

ラットレー

RATTRAY'S

1880年、スコットランドに生まれたチャールズ・ラットレーは少年時代に、たばこ工場で働いていた。そこで彼はたばこ製造の基礎的技術を学んだ。1903年、23歳の時に独立し、スコットランドのパース市でたばこの小売店を開いた。同時に店の奥でパイプたばこの製造を開始。ハイエンドなパイプたばことして、現在でもその地位を誇るラットレーの14種類のミックスチャーが作られた。第2次世界大戦後、彼のたばこ製造機械はロンドンのマッコーネル兄弟社にレシピと共に売られ、1970年代に入ってハンブルクのウエード社に移った。1980年代後半にはコールハスに移り、現在ではコールハスがこれらの名品を製造している。

Column